女性にとって特に重要な「女性ホルモン」の正体

女性ホルモンというのは、女性が妊娠や出産ができる状態に身体を作るために、卵巣で生成されている二つのホルモンの総称です。女性ホルモンは基礎体温を測ることで、分泌が正常に行われているのかを知ることができます。

女性の身体は卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンという二種類の女性ホルモンの働きでコントロールがされています。エストロゲンは女性らしさを作るためのホルモンで、肌や髪のハリやツヤを保ち、骨や血管を強くし、代謝を促して肥満を予防するなどの働きをします。

他にも気分を明るくしたり記憶力を高めたりと、精神状態をにも影響します。プロゲステロンは妊娠をするために深く関わるホルモンです。子宮の働きを調節して、乳腺を発育させます。食欲を促進させ血糖値を正常にするためにも重要な働きをしています。

エストロゲンとプロゲステロンはそれぞれの分泌量が一定周期でバランスを変えつつ、女性の心と身体に作用しています。このバランスが保たれていれば基礎体温が綺麗な二相曲線となり、生理が来て妊娠や出産を行うことが可能になります。

女性ホルモンの一番大きな役割は、月経を起こさせることです。エストロゲンとプロゲステロンのバランスによって、約28日の周期で月経が起こるサイクルが発生し、妊娠するための身体の準備が繰り返されているのです。

エストロゲンとプロゲステロンは、月経周期によって大きく分泌量が変化します。それに合わせて女性は身体も心もその状態を変えることになります。そのため、排卵前はエストロゲンの分泌量が増えて心身ともに好調になりますが、プロゲステロンの分泌量が増えることになる月経前は、逆にどちらもが不調になります。女性の心身の状態は、女性ホルモンの変化に作用する場合が多いのです。

女性ホルモンは女性の心身を健康に保つことに大きく関係しています。ホルモンのバランスがみだれてしまうと、身体にも心にも不調を引き起こすのです。また、肌や髪の状態を若々しく保つのも女性ホルモンの役割です。骨密度やコレステロールの調整なども、女性ホルモンが大きく関わっています。女性の健康を保つためには、その分泌量とバランスが非常に重要です。

恐い生活習慣病につながる「脂質異常症」について知る

脂質異常症とは、血液中の脂質量が正常ではない状態のことをいいます。

以前は高脂血症といわれていたのですが、これでは血液中の脂質が高い状態のことのみを対象としており、脂質量が異常に少ないことも含めるために「脂質異常症」という呼び方に変更されました。

具体的には、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)やトリグリセリド(中性脂肪)が多すぎる場合や、逆に、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が少な過ぎる状態である病気が脂質異常症です。

血液中の脂質が正常な範囲を超えて増えてしまうと、血液がドロドロの状態になって、血管の壁にコレステロールがたまるようになります。これにより血管の内側が細くなったり、血管が硬くなって動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞、脳卒中などを起こす危険性も高まります。

LDL(悪玉)コレステロールはコレステロールを体中に運ぶ役割がありますから、増え過ぎると脂質異常症につながるわけですが、余分なコレステロールを回収してくれるHDL(善玉)コレステロールが減り過ぎてもコレステロールが増え過ぎてしまいますから、同じように脂質異常症につながるというわけです。

脂質異常症には目立った自覚症状がありませんので、注意が必要です。

脂質異常症の原因は「食生活」であることがほとんどです。

血液中のLDL(悪玉)コレステロール量を増やす原因となる食生活は、肉類や乳製品などの動物性脂肪を多く含む食品や、鶏卵、魚卵、レバーなどのようなコレステロールを多く含む食品を摂り過ぎることです。

トリグリセリド(トリグリセライド)を増やす原因となる食生活は、肉類や乳製品などの動物性脂肪を多く含む食品だけではなく、糖分の多い甘いお菓子などもそうです。食べ物以外にもアルコールや清涼飲料水にも気をつけなくてはいけません。

HDL(善玉)コレステロール量を減らす原因となる食生活は、バランスの悪い食事ということになります。

脂質異常症の原因は食生活ではあるのですが、食事から得たエネルギーのうち、消費されずに残った分が皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられます。つまり、何を食べるかも重要なのですが、量を食ベ過ぎたり、飲み過ぎないということも大切であり、それと同時に、運動をすることも大切です。運動により余分な脂肪を貯め込まないようにすることも必要です。

また、比率としては少ないのですが、脂質異常症の原因で「遺伝」が考えられるケースもあります。この場合は食生活が原因ではなく、脂質異常症になることがあります。家族に脂質異常症の方がいる場合は、遺伝が原因であることも考えてみてください。

糖質脂質カット系サプリほか

糖質・脂質カットタイプのダイエットサプリというのは、摂取した糖分や脂質を吸収するのを抑える効果があると言われています。このサプリを食事の前に摂っておきさえすれば、万が一食べ過ぎてしまっても、体内に残るカロリーを大幅にかっとしてくれるというものです。

ただ、その効果をあまりに過信しすぎてしまうのは危険です。たとえ有名な糖質や脂質カットをしてくれるダイエットサプリメントであっても、基本的には体重を維持するものととらえるほうがよく、おうしいものをうっかりたくさん食べてしまった場合に、急激な体重増加を起こさないようにするのが、こういったダイエットサプリの本来の効果です。

ですので、このダイエットサプリを飲んでいるからと言って、たくさん食べてしまっても大丈夫などと思わない方がいいでしょう。また、サプリメントによっては食事の30分前に飲むタイプや、食事の直前や直後に飲むタイプなどといった飲み方に違いがあるので、効果をしっかり得るためにも飲み忘れないようにしましょう。

糖質カットのダイエットサプリの代表的商品と言えば、カットカットではないでしょうか。糖質をカットする上に、無農薬栽培の植物ハーブを多く使ったナチュラルダイエットをするためのサプリで、食事の前に三粒飲むだけで糖質をカットしてくれます。

このカットカットは国内の製薬会社が共同開発し、筑波大学の教授が監修したものです。このカットカットは糖質と炭水化物の体内吸収を徹底的にカットし、不要な成分を分解した上に代謝を促進するといったダイエットサプリメントなのです。

また、こだわりにこだわった成分を配合しているので安心です。このカットカットは医療業界でも注目されていいるセキレンカやギムネマシルベスタ・グァバ・サラシアも配合していています。

さらに、基礎代謝をアップさせるビタミンB1やB2を配合しており、糖質をブロックしつつ、体に優しい効果を実現させているサプリメントです。成分はもちろん、残留う農薬を検査しており、合成着色料や香料、保存料なども無添加となっています。

また、特に女性には欠かせないのが葉酸。妊娠にも欠かせない葉酸については以下のサイトにまとめています。

【参考】葉酸の多い食品で妊活!ただそれだけでは足りませんか?

究極なのが食欲を抑えるサプリだと思います

日頃のストレスでどうしても食べ過ぎてしまうという方は多いのではないでしょうか。そんな食欲を抑制するのにとてもオススメなのが食欲抑制サプリです。ダイエットの基本は食事制限ですが、食事というものは人が生きていく上え欠かせない三大欲求の一つなので、無理やり食事制限をしてもストレスが溜まってしまって長続きしません。

それどころか、必要な栄養が摂取できすに体調を崩したり、リバウンドしてしまうことも。食欲抑制タイプのダイエットサプリメントは置き換えダイエット食品のように、カロリーが低くてお腹を満たしてくれるだけでなく、満腹中枢に働きかけてくれるので、食欲を抑えてくれます。

また、食べ過ぎや飲み過ぎを防ぐ効果もあるので、食事の量を減らして自分の本来取るべき摂取カロリーと消費カロリーのバランスがうまく取れるようになります。ただし、食欲を抑制できたとしても、栄養バランスを実施に取るのは本人です。食欲が許す範囲内で好きなものだけ食べていれば、栄養バランスが偏ってしまうので、本末転倒です。

食欲を抑えるサプリメントが最近注目されています。では、一体食欲を抑えるサプリメントにはどういったものがあるのでしょうか。ここでは、食欲を抑えるサプリメントの代表的商品を書いてみたいと思います。

その商品というのはアメリカのサプリメントでシステムシックスというものです。このサプリメントは朝食の30分前に飲む錠剤タイプで、かなり効果があると言われています。このサプリメントは医薬品ではなく、健康食品なので、個人輸入で手軽に手に入れることができます。

検索などで、成分や効果を十分調べて理解した上で購入するのがいいでしょう。個人輸入ならかなり安く買うことができます。他にも個人のオークションでも販売している人がいますので、そういったオークションを利用するのもいいかもしれませんね。

ただ、副作用などの面が気になるので、ちゃんと調べてから購入しましょう。他にガルシニアとういうものを飲んでも同じような効果を期待できます。

ちまたで話題の燃焼系サプリはやっぱり凄い

脂肪をしっかりと燃焼させてくれる強力サプリでもあるL-カルニチンの成分はLカルニチンフマル酸塩、還元麦芽水飴、デキストリン、緑茶抽出物、黒コショウ抽出物、決勝セルロース、ショ糖エステル、微粒酸化ケイ素でもあります。まさにしっかりと燃焼成分が配合されているのでがっつりと体の中で効果を発揮してくれそうなのが想像できますね。

冷え性の人や普段から運動をしても汗をかきにくく燃焼効果がいまいち実感できない人などが飲むとかなり燃焼していることを実感できるようなすばらしいサプリメントでもあります!

代謝が加齢により悪くなってしまっている人や痩せにくくなっている人のサポートにもなるサプリメントでもありますね。しっかりと運動前に飲むと運動による脂肪燃焼効果がより高まるのかもしれません!

実際に飲んでいる人たちからはなるべく空腹時に飲んだ方が燃焼しているのが実感できる
という意見が多いので試してみたくなりますね。しっかりと長期継続させてすっきりきれいに脂肪燃焼させてダイエットにつなげたいものです!

ネットショッピングのダイエットのための燃焼サプリメントとして堂々のトップに入っていたり
することが多いのがサプリ専門店オーガランドのL-カルニチンというサプリでもあります。

ネットでの口コミも数千にのぼるので自分のタイプとあう人の意見もしっかりとチェックできる
ので試しやすいのも嬉しいものです。

なんといっても価格的にも格安感が感じられ約3か月分で2000円ちょっとでもあるので
継続しやすいのも選びやすいポイントです。格安なのにその燃焼効果は抜群らしいので
どんどん試していきたいなと思わせてくれるサプリなのです。

L-カルチニンという成分は脂肪をエネルギーに変えてくれる嬉しい役立つ成分なのです
が、加齢とともに少なくとも作られる量が減ってきてしまいます。年齢を年齢を重ねるほどに
代謝も悪くなりより痩せにくくなるのはそのせいなのかもしれません!

そこでしっかりとこの成分を補ってあげ体の中の余分な脂肪を燃焼させることを
助けてあげてダイエットを行っていくと効果が期待できるのです!

毎日飲むと体がぽかぽかしてきて燃焼しているのを実感できるので期待できる商品なのです。

セラミドは美肌に必須の成分

美肌に欠かせないのがセラミドですよね。

セラミドはお肌のバリア機能を高めてくれる成分として化粧品でも多く使われている成分です。セラミドの成分は化粧品とサプリメント両方で補うことで効果を実感しやすいです。サプリメントでは植物性のサプリメントを摂取するのがおすすめです。

植物性のサプリメントはこんにゃくや海藻などに多く含まれています。サプリメントと併用して、こんにゃくや海藻も食事で食べるようにすればもっと効果が期待できます。

セラミドを摂取すると皮膚の水分量がキープされやすくなるので、お肌がみずみずしく感じるようになります。化粧品は、セラミドの美容液やセラミド入りの化粧水を使うと良いです。

セラミド入り化粧品の場合は、一緒にヒアルロン酸やコラーゲンも配合されているものを使うと良いです。セラミドサプリメントは、飲み続けることで効果を実感できます。3ヶ月は継続して飲むのがおすすめです。

一番に感じる効果は、お肌の潤いと肌触りの違いです。
乾燥肌の人はぜひセラミドサプリを使ってみてください。

セラミドサプリメントで代表的な商品は、大手サプリメントメーカーさんの商品になります。DHCさんからはセラミドというサプリメントが発売されています。これにはセラミド3,5mgとコラーゲン、ビタミンC,ビタミンEが配合されています。

コラーゲンがセラミドの働きをさらに高めてくれます。ビタミンCは美白に効果的でビタミンEは抗酸化作用があります。これ以外にもDHCさんは複合サプリメントでセラミド入りのものを発売していてなめらかというサプリメントになります。

このサプリメントはコラーゲンとヒアルロン酸とプラセンタが主役ですが、セラミドも配合されています。エラスチンも配合されていてトータルで美肌を目指せます。

ファンケルさんからはナノ化ヒアルロン酸サプリの中にセラミドが配合されています。このサプリメントはみずみずしい潤いのあるお肌を目指す人におすすめのサプリメントです。グルコサミンとヒアルロン酸とセラミドでぷるぷるのお肌になります。

大手メーカーさんのサプリは品質も高いのでおすすめです。