恐い生活習慣病につながる「脂質異常症」について知る

脂質異常症とは、血液中の脂質量が正常ではない状態のことをいいます。

以前は高脂血症といわれていたのですが、これでは血液中の脂質が高い状態のことのみを対象としており、脂質量が異常に少ないことも含めるために「脂質異常症」という呼び方に変更されました。

具体的には、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)やトリグリセリド(中性脂肪)が多すぎる場合や、逆に、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が少な過ぎる状態である病気が脂質異常症です。

血液中の脂質が正常な範囲を超えて増えてしまうと、血液がドロドロの状態になって、血管の壁にコレステロールがたまるようになります。これにより血管の内側が細くなったり、血管が硬くなって動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞、脳卒中などを起こす危険性も高まります。

LDL(悪玉)コレステロールはコレステロールを体中に運ぶ役割がありますから、増え過ぎると脂質異常症につながるわけですが、余分なコレステロールを回収してくれるHDL(善玉)コレステロールが減り過ぎてもコレステロールが増え過ぎてしまいますから、同じように脂質異常症につながるというわけです。

脂質異常症には目立った自覚症状がありませんので、注意が必要です。

脂質異常症の原因は「食生活」であることがほとんどです。

血液中のLDL(悪玉)コレステロール量を増やす原因となる食生活は、肉類や乳製品などの動物性脂肪を多く含む食品や、鶏卵、魚卵、レバーなどのようなコレステロールを多く含む食品を摂り過ぎることです。

トリグリセリド(トリグリセライド)を増やす原因となる食生活は、肉類や乳製品などの動物性脂肪を多く含む食品だけではなく、糖分の多い甘いお菓子などもそうです。食べ物以外にもアルコールや清涼飲料水にも気をつけなくてはいけません。

HDL(善玉)コレステロール量を減らす原因となる食生活は、バランスの悪い食事ということになります。

脂質異常症の原因は食生活ではあるのですが、食事から得たエネルギーのうち、消費されずに残った分が皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられます。つまり、何を食べるかも重要なのですが、量を食ベ過ぎたり、飲み過ぎないということも大切であり、それと同時に、運動をすることも大切です。運動により余分な脂肪を貯め込まないようにすることも必要です。

また、比率としては少ないのですが、脂質異常症の原因で「遺伝」が考えられるケースもあります。この場合は食生活が原因ではなく、脂質異常症になることがあります。家族に脂質異常症の方がいる場合は、遺伝が原因であることも考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>